2016 Spring

 

Welcome to Zion Hill Christ Church!   

 

We are a community of believers who love the Lord Jesus Christ, and a congregation of about 30 members.   We offer services in Japanese.  English translation may be available upon request.  I will be happy to assist you in English.

 

We look for the opportunities to reach out the community we live in to share the Good News at ZHCC.  If you’ve already been a believer who has a heart for reaching out the broken Japanese people through the Gospel of Jesus Christ and a desire to impact the Niigata Area through English, I want to pray for you and work with you. 

 

For those of you who seek to read the Bible with Japanese Christians, please consider our place for that purpose.  May the God of Israel bless you seekers and guide you into His Son Jesus.  

 

So, please join us.  No hesitation needed to contact us in English.  My wife and I are both bilingual and glad to help you.  By the way, our church is next to Ikarashi Community House (Nishi-Ku Community Center) that is only 3 kilometers northeast of Niigata University.  Hope you can find us easily.

 

May your stay in Niigata be a wonderful experience with Jesus.  

 

Hikaru Yamaguchi

Pastor at Zion Hill Christ Church

 

 

2015年春

ハッピー イースター!

冬が長いだけに 春を喜ぶ人は多いですね! そんな春を喜ぶ民は、新潟県民だけではなく、ユダヤ人も世界中のクリスチャンもそうなんです。春を愛する理由は、なんと古代文明に起きたある出来事にあります!

 「春よ来い。はやく来い。あーるきはじめたミイちゃんが」この童謡は、糸魚川出身の相馬御風さんの作詞だと最近知りました。ミイちゃんが御風さんの孫娘だと知り、お恥ずかしながら改めて、春を待望する躍動感を、この歌詞から感じています。      
  実は「春」は、聖書の中でも、最も躍動感あふれる季節なのです。
 その昔、古代エジプトの奴隷民(聖書中にヘブライ人として登場。今日のユダヤ人を指す。)は、文明社会の底辺を支えていました。ところが彼等は、 四百年続いた奴隷時代の後、 神様の不思議な方法で解放されました。その後、彼等は紅海を渡り、今の地へ定着したのです。これは春に起きた出来事でした。3千5百年前の話です。
  あの時代からユダヤ人は、春になると毎年、奴隷から解放されたことを喜びます。彼等にとり春は喜びの季節なのです。そしてキリスト教も、春にお祝いします。これがイースターです。キリストが、ユダヤ人を含む全ての人達を「罪という奴隷の家」から解放されました。この有名なお方の十字架と復活の出来事も、そう、春に起きました。こちらは二千年前の話です。
  今日多くのユダヤ人と、そして私たち日本人の多くは、イエスを歴史上の人物と認めても、彼を通して解放されている、という部分は知りません。それでキリスト教徒は、そのことをお伝えするために「イースターおめでとう」と春に挨拶をします。    
  人間を縛り付ける暗い組織や罪の鎖を、キリストは断ち切ってくれました。その上、宿命でもある死を打ち破り蘇りました。これが春の喜びです!
  さぁ季節は春ですね。解放と喜びの季節です。皆様に、心から季節の挨拶を申し上げます。

2014年

 こんにちは。シオンが丘キリスト教会の山口光です。私は数年前まで米国カリフォルニア州の日系人教会で牧師をしていました。昨年よりここで働きはじめ、4月より正式にこの教会の主任教師となりました。新潟に、妻と二人の子どもと住むようになり未だ3年程度ですが、四季の移り変わりが美しい新潟にすでに魅了されています。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 ご存知の方もおられるかと思いますが、シオンが丘教会は西区コミュニティ・ハウスの側にある「白い教会」です。中に入ると、礼拝堂には季節の花が飾られて、正面には救い主イエスを象徴する十字架が掲げられています。この場所は私たちが日曜日毎に、讃美歌を歌い、聖書を読む場所です。キリスト教の礼拝堂や、クリスチャンが歌う讃美歌や聖書に興味・関心のある方は、ぜひ私か、教会員に声をお掛け下さい。私たちが案内させていただきます。

 私は、白い教会のすぐ近くに住んでおります。もしキリスト教について、教会活動について具体的なご質問があれば承ります。

 聖書と日本人の関係は意外と古く、5世紀頃に中国から「景教」という教えで、聖書は紹介されました。その後、室町幕府も終る頃フランシスコ・ザビエルをはじめとするカトリックの司祭たちによって聖書の教えが広められました。

 「豚に真珠」、「目から鱗がおちる」など故事ことわざにも聖書の影響がある様に、案外私たち日本人との関係は深いのです。もっと聖書の話が聞きたいと思われた方は、ぜひ日曜日の礼拝へお越しください。心からお待ちしております。