父の日

子どもたちから壮年たちへのプレゼントは「しおり」です。写真入りのもので、子どもたち一人一人が、壮年たちの名前を書いて手渡ししました。聖書を読むとき、教会の子どもたち一人一人を心に留めることができるように。礼拝では壮年の方が、父との関係について話してくださいました。お昼は親子丼が振る舞われました。レクリエーションは「父を漢字一文字で表すなら?」というもので、選ばれた方々がエピソードを交えて語ってくださいました。