過越しの食事

毎年祝われる過越しの祭りは、神様がイスラエルの民をエジプトの奴隷状態から解放(脱出)させたことを覚える祭りです。今年は4月11日~18日の日程でした。当教会の水曜の「ベレヤ会」「夕祈祷会」では、ささやかではありましたが、共に喜びつつ、過越しの食事をいただきました。申命記16章を共に読み、分かち合いました。16章には「喜びなさい」という言葉が何回か出てきます。奴隷時代おそらく公に礼拝をささげることのできなかったという「苦しみ」から「喜び」へ。神様を共に礼拝できることの恵み、喜びを再確認しました。