2018年8月を振り返る

8月1~3日は無料学習支援「ジョイジョイスタディ」、1日は「ジョイジョイイングリッシュ」のオープンクラスも合流する形で開催されました。

次の週は柏崎にある聖ヶ丘バイブルキャンプ場で開催されたキャンプに子どもたちを送り出しました。イエス様と他のキャンパーたちと共に楽しいひと時を過ごして帰ってきました。

19日はパク・チャンス師(新潟聖書学院協力教師)、26日は老松望主事(KGK東北主事)が礼拝説教のご奉仕をしてくださいました。

山口牧師は8月、夏期休暇もありましたが、県外の三箇所で説教、セミナー、そしてキャンプでの奉仕をされてきました。

教会の方がブラジルに送った茶器が用いられているという感謝の報告もいただき、こちらまで嬉しくなりました。

 

酷暑の夏となりましたが、教会の皆さんそれぞれが守られたことは感謝でした。シオンを離れて県外で礼拝を守られた方々にとっては、客観的に教会について考える良い時となったようです。